早慶戦勝ち点獲得!・東京六大学野球リーグ戦閉幕

2018年11月5日 現役応援活動

10/27, 28, 29に東京六大学野球のトリを飾る早慶戦が開催されました。

 

10/27は主将・小島投手が登板するも、1-3で敗北。早慶戦で2連勝して法政とのプレーオフに持ち込むことが優勝の条件だった早稲田は、この敗北で優勝の可能性がなくなりました。優勝は慶應と法政に限られました。

 

10/28は一時勝ち越されるものの、4回裏に5点を入れて逆転。慶應の反撃を振り切り、6-5で勝利しました。

 

10/29は慶應が4回裏に2点先制。5回表に早稲田が同点とするものの、直後に勝ち越されます。このままでは目の前で慶應が優勝を飾るところでしたが、早稲田ナインが奮起して8回表に1点差に追いつき、9回表に見事逆転しました。最後は2年生の今西投手が抑えて、見事勝利しました。

 

結果、法政大学が優勝となり、優勝回数が早稲田大学と並ぶ45回となりました。
早稲田大学は2位となりました。

 

優勝は来年にお預けとなりました。本年度のリーグ戦を応援いただいた会員の皆さん、ありがとうございました。
本年度の活動はまだまだ続きますので、現役部員へのご支援を引き続きよろしくお願い申し上げます。