令和3年度主将・主務からのご挨拶

2021年1月9日 OB.OGニュース

令和3年度の新主将・新主務より、稲門会会員の皆様へご挨拶させていただきます。
新型コロナウイルス感染症により思う存分活動できておりませんが、引き続き変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

代表委員主将 薗田 将直

この度、令和3年度代表委員主将を務めることになりました、薗田将直と申します。
創設以来80年以上にわたる長い歴史と伝統を持つ早稲田大学応援部代表委員主将を務めさせていただくことを大変光栄に思います。応援部の重責を担うに相応しいリーダーシップを発揮し、早稲田大学の全学生を元気付けて参る所存です。
かつて経験したことのないこの状況下だからこそ、人と人との繋がりを大切にし、迅速な行動力を身に付け、常に進取の精神をもって挑戦し続けられる組織を目指し日々活動して参ります。
応援部稲門会会員の皆様には、本年度、例年以上に様々な場面でお世話になるかと存じますが、ご支援の程どうぞ宜しくお願い申し上げます。

sonoda

 

代表委員主務 三宅 風雅

この度、令和3年度代表委員主務を務めることになりました、三宅風雅と申します。
本年度も、未曾有の危機を招来してきた新型コロナウイルス感染症の更なる拡大により、例年通りの活動が出来ない事態となることが推測されますが、だからこそ逆にチャンスであるとも考えております。
「この状況下にあって何が出来るのか」ということを念頭におき、部員1人1人がしっかりと考えることができる組織づくりを目指して参ります。伝統と革新を融合させた新たな応援部の未来像を確立し、日本の全国民に元気を与えられる存在となれるように精進致します。
応援部稲門会会員の皆様には、本年度も現役部員への変わらぬご愛顧とご指導ご鞭撻を頂けますよう、心よりお願い申し上げます。

miyake