創部80周年記念募金に対する現役部員からのお礼

2021年6月26日 OB.OGニュース

「早稲田大学応援部創部80周年記念事業」の一環として実施した募金事業におきまして、皆様からお預かりしたご寄付により現役部員に対し支援品贈呈を実施いたしました。

これに対し、ご寄付いただいた皆様へ、現役部員から御礼の挨拶が届きましたので下記の通りご紹介いたします。

 

コロナ禍においても、早稲田大学応援部の活動を弛みなく繋ぎ続ける現役部員に対しまして、引き続き物心両面でのご支援を宜しくお願い申し上げます。


 

◆令和3年度 代表委員主将兼応援企画責任者 薗田さん

この度は早稲田大学応援部 創部80周年記念のご寄付をいただきまして、誠にありがとうございます。

皆様のご期待に応えられるように、まずは本年度、リーグ戦優勝、そして日本一、

そしてゆくゆくは早稲田大学応援部のさらなる発展を目指して全部員で頑張っていきたいと思っております。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

 

◆令和3年度 旗手兼広報責任者 嶋ノ内さん

この度は早稲田大学応援部 創部80周年記念の募金、誠にありがとうございました。

皆様からいただいたお金をもとに、早稲田大学大校旗、そして早稲田大学新勁艸旗を新たに製作することができました。是非、神宮球場へ足をお運びいただき、ご覧になっていただきたいと思います。

こちら2本をもとに、大学当局よりお預かりしている早稲田大学校旗8本すべてを、伝統を継承し、新たな早稲田の拠り所となるよう、私含め全リーダーそして全部員で務めて参りたいと思います。

最後になりますが、改めて御礼を言わせていただきます。

誠にありがとうございました。

 

◆令和3年度 器材施設管理責任者 井上さん

「この度は早稲田大学応援部 創部80周年記念の寄付金、誠にありがとうございました。

昨年度は楽器の修理であったり購入に使わせていただきました。

購入させていただいた楽器は、スーザフォン、マーチングバリトン、ピッコロ、ソプラノサックス、各1本ずつになります。

本年度も楽器の購入や修理に使わせていただきたいと考えております。

また、マーチングドリル用コスチュームを新調しようと考えておりますので、そちらの購入費用にも使用させていただきたいと考えております。

新型コロナウィルスの影響で思うように練習ができない日々が続いておりますが、ひとつひとつの活動にしっかり励んでいきたいと考えております。

今後ともご支援のほどよろしくお願いいたします。

 

◆令和3年度 衣装管理責任者 北村さん

この度は早稲田大学応援部 創部80周年記念のご寄付、誠にありがとうございました。

チアリーダーズでは、衣装の購入費にあてさせていただきました。

購入した衣装の名前は昨年の東京六大学野球秋季リーグの優勝にちなんで、“ビクトリー80(エイティ)”という名前をつけさせていただきました。

これまでにない黒やエンジを基調とした大変力強い衣装であり、部員一同大変うれしく思っております。

今月末からはあらたな新人を迎えて新体制となりますが、今後も全力で駆け抜けてまいりますので、引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。